マスクについて

健康関連

自分の身は自分で守る

皆さんはどんなマスクを使用していますか?私は薬局で売られている普通のサージカルマスクを使っていました。もしくは100円均一で売っているマスクを着用していました。でも今はそんなマスクすらも手に入りにくくなっているのが現状です💦

そこで、手作りされている方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、私はある方から衝撃的なお話を聞いて驚きました。
 

以下は私が聞いたお話です。

マスクはまだなかなか買えない状態ですが、お店で購入を待っているうちは当分買えないと思います。なぜならマスクは買える所では現に買えており、私の周りでもマスクの輸入が可能な人はいて数千枚・数万枚単位で購入可能です。とはいっても買ってるところは国や大手法人で個人相手には話はきておりません。
 
そして法律が改正した事で、以下のルールとなりました。

仕入れ価格より高いお金で不特定多数の方に売ることが禁止

100円で買ったものを友達に1万円で売ることはOKですが、100円で買ったものを誰か101円で買いませんか~??は違反です。

サージカルマスクは元々は1枚3~15円程度でした。今はネットで検索してみてください。1枚80円~110円ほどで売られてます。お店がどうどうと売ってます。

その理由には、

  • 輸入、製造元の金額が上がった
  • 輸入、製造元に高い金額で卸してもらった

このどちらかと思われます。そして先日のヨーロッパ行きの後払い予定だったマスクを、先払いでアメリカが3~4倍で購入したニュースです。それを受けてこれからマスクを販売するメーカーはより高い所へと流れる可能性もあります。

 

サージカルマスクとN95〜の違い

たのめーる】カワモト サージカルマスク ふつう 1箱(50枚)の通販 3メートル9501ボルトマスクアンチダストマスクkn95マスク抗ヘイズ乗馬 ...

マスクには、サージカルマスクとN95規格〜のマスクに別れます。既にご存知の方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、この違いを少し説明しますね。

サージカルマスクは元々医者が手術の時につけるもので、ウイルスなどを防ぐためのものではないのです。
 

サージカルマスクを着用する一義的目的は、着用者(医療従事者)の呼気中に含まれ排出される微生物などから患者を守ることにあります。又、耐水性のあるサージカルマスクは着用者(医療従事者)が血液・体液由来の病原体に曝されるリスクを軽減するという目的も兼ね備えています。

一方、「N95マスク」はある種の空気感染源を捕集します。又、感染源が顔面とマスクの隙間から侵入しないよう、顔面に密着するよう設計されています。現在市販されているサージカルマスクのほとんどはN95マスクが備えている捕集効率や密着性を備えていません。したがって、N95マスクで期待される呼吸器感染の原因となる物質の吸入リスク軽減をサージカルマスクに求めることは不適当です。

この 5 という数字がサージカルマスクの繊維の大きさです。ましてや手作りマスクや布マスクの大きさはこの数10倍で花粉しか止まらないと言われてます。
 
サージカルマスクでは、空気中のチリや水分(くしゃみなど)についたウイルスしか止める事ができません。

アメリカの医療関係者はN95~着用が必須ですね。

これを知った時は正直驚きました。ということは多くの方が薬局などで買い求めているマスクは。。。マスクが買えないから手作りしようと言って作っているマスクは。。。😱飾りでしかないのですね💦

一世帯にマスク二枚の配布

日本ではマスク二枚の配布が決まり、順次配送されるみたいですが、こんな2枚配ったところで私たちはあまり嬉しくはありません。

郵便物を5,000万世帯に配布で普通に配布すると120円×5,000万で60億円となります。さらにそこに、マスクの詰める作業費を考えるとこれだけで人件費・経費を考えると数百億円が動きます。そんなところに税金をかけるくらいなら他のところに使って欲しいと思いますね💦

お隣の妊婦さんにN95のマスクを

私の今住んでいるお隣さんのお家には1歳になる赤ちゃんがいます。また、最近聞いた話によると、お腹の中にもう一人赤ちゃんを宿しております。しかも、赤ちゃんは生まれつき心臓に欠陥があり、専門のお医者さんにみていただいているようで、お二人目もそこで出産予定なんだそうです。

ですがマスクが買えないと嘆いておりました。妊婦さんも、1歳の赤ちゃんもウイルス感染は避けたいですよね💦

たまたまこのN95のマスクが手に入る予定なので差し上げようと思いますが、せめて持病がある方や妊婦さんにはちゃんとしたマスクが手に入る方法があればいいと思いました。

ちなみに私が申し込んだマスクは、1枚550円(税別)ですが、繰り返し五回使えます。


ここでマスクにまつわる感動のエピソードをお届けしますね

スピード違反の医師、警官が渡したのは違反切符ではなくマスク

(CNN) 米ミネソタ州の医師がスピード違反でつかまった際、警官から違反切符ではなくマスクを渡されたという体験談を公開して感動を呼んでいる。

ボストン出身の循環器専門医、サロシュ・アシュラフ・ジャンジュアさんは現在、ミネソタ州ダルースにある新型コロナウイルス感染者の隔離施設に勤務している。今月21日にスピード違反で取り締まりを受けた。

州警官のブライアン・シュワーツさんはこの時、ジャンジュアさんにスピードの出し過ぎを厳重注意しながら、自分が持っていた医療用の「N95マスク」5枚を差し出したという。

ジャンジュアさんはフェイスブックに「涙があふれてしまった。冷たい風のせいかもしれないけれど、かれも少し目をうるませた様子を見せた後、お元気でと言って去っていった」と書いている。「全く知らない人、私に何の借りもなく、私より最前線にいる人が、お願いしたわけでもないのに貴重なマスクを分けてくれたのです」

州警察がCNNに寄せた声明によると、シュワーツさんはジャンジュアさんのバッグに使用済みのN95マスクが2枚入っているのを見て使い回しているのだろうと推測し、譲ってあげなければとの思いに駆られたという。

素敵なお話だなぁ〜✨

こんな混乱な騒ぎの中での感動の話を聞くと嬉しくなりますね。
 

無いよりあった方がいい

手作りマスクも最初は無いよりあった方が良いですみました。ですが、現状はマスクなんて買うのは高くてもったいない。手作りマスクのがオシャレでいい。私が作って売ってあげようか?手作りマスクなら作ります!作ります!と主旨がずれました。高いですが少しずつ出回流と思いますので、購入できる方は購入し拡散防止に皆で努めたいです。

私も頑張ります。

一人でも多くのかたがマスクに対しての理解を深め、ご自分の身の安全は自分で守ってもらうことを切に願います。


タイトルとURLをコピーしました